製品情報

リバースロールコーター

リバースロールコーターリバースロールコーター

詳細は PDF を御覧ください。
ダウンロードをご希望の方は、下記よりご登録をお願い致します。

singup_btn dl_btn
ロール配置図

リバースロールコーター

適応機材
  • フィルム
  • 金属箔
塗工液
溶媒 水性、溶剤
固形(%) 25~35
粘度(cps) 300~50000
塗工厚i(at dry) 7~150μm
塗工速度(M/min) 1~30
マシーンの構造特徴
  1. 高精度に仕上られた2本の金属ロール(M/Cロール)の間隙から吐出され下面Bロールにより走行する基材上に転写する
  2. M・C・Bロールの夫々接する点はリバース(逆方向)回転している。
  3. 各ローラーは各々単独の駆動モーターで回転する
面と膜厚調節
  1. 鏡面
  2. 塗工膜はM-Cロール間のスリットで一次規制を行い、M-Cロールの速度比によって塗工面性を調整。 また、B-C間の転写スリットで最終厚みが決定される均一な膜が転写される